WordPressで作成したサイトが、「Error establishing a database connection」と表示され、サイトが表示されなくってしまった時に行った対処法です。

データベース接続の確立エラーとは

WordPressの投稿ページ、固定ページ、メタ情報やログイン情報などは「MySQLデータベース」に保存されています。ユーザーがサイトにアクセスするとデータベース上の情報をクエリして、ブラウザに表示させています。

ただ、このプロセスがなんらかの原因でうまく行かない場合、データベースとの接続に問題があるエラーメッセージ、「データベース接続確立エラー」または「Error Establishing Database Connection」が表示されダッシュボードにもアクセスできなくなります。

データベース接続の確立エラーのよくある原因

  • データベースのログイン認証情報が正しくない
  • データベース異常(データベースが破損してしまっている場合)
  • データベースサーバー異常(サーバ側でエラーが起こっている場合)

よくある原因の一つは、「ログイン情報が正しくない」というものだそうです。私もこれが原因でした。

データベース接続の確立エラーの解決方法

WordPressでデータベースの記述があるファイルは「wp-config.php」というファイルなので、FTPでサイトにアクセスし、ファイルを開いてみると、ファイルの上部に以下のような記述がある箇所があります。

PHP


define('DB_NAME', 'データベース名');

define('DB_USER', 'データベースのユーザー名');

define('DB_PASSWORD', 'データベースのパスワード');

define('DB_HOST', 'ホスト名');

このファイルの記述と、レンタルサーバーのコントロールパネルのデータベース情報に差異がありました。コントロールパネル上でデータベースの接続用パスワードを変更したのが原因のようです。

なので、先ほど確認した「wp-config.php」内のデータベースパスワードとコントロールパネルで確認したパスワードを揃えることで無事に表示されるようになりました。